Index LINK ♡ 全ての記事の表示 ♡ 私の経歴(プロフィール)

私の人生 【経歴】

Category - 私の幸せの基準
Category  いいねアイコン にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ  にほんブログ村 シニア日記ブログへ 
2023 12 15 更新
2023年12月 世界人口

【 80億3000万人超~80億4000万人以下 】

戸籍や統計を数値化していない国が多いので

現在発表されている世界人口は、

ただの推定値だそうです。

という事で、今日のタイトルは、四捨五入の

80億3000万分の1 の 私の人生。

人生  Wikipedia
===============================================
人生(じんせい)とは、人がこの世で生きていくこと。
人の、この世に生きている間。 
あるいは、この世で生きている間に経験することなどである。
「人の一生」「生涯」 .
===============================================
(。✪ 。 ✪。) 

10年間…日々のこととか、私のコトを書いてまいりましたが、
ちゃんとした 経歴っぽい物を書いたことがないので
時系列が不明で誤解を生んでるそうなので適当に書いてまいります。

緑の京都タワー と

1959年 昭和34年生まれ ♀ 

家族構成 母 父(2022年没) 姉 私 弟 

見た目的に可愛すぎる姉と 見た目的に可愛すぎる弟の間に 

*0歳 幼少期は何故か一重で、見た目的にあまり可愛くない子が 生まれ
   (真ん中っ子てちょっとハブられるので、ひねくれてたかも:D)

*6歳 小学生1年で自分の職(夢)を決め、その後は絵を描く事に 必死な毎日
   (小学校時代は漫画作品を投稿してました、何度か送って佳作止まり)

18歳 美術系の高校を卒業後に染色会社に就職 +勉強+アルバイト
   (その時のアルバイト先で、主人と出会い、18歳~交際を始める)

21歳 図案家の師に弟子入り、と その後すぐ 個人事業主として 登録
   (弟子給与5万円+アルバイト+自営生活 で、資金を貯める)

25歳 たしかこの歳に、宝くじが当たったんですよね 300万円
   (宝くじのおかげで、そろそろ結婚したほうが良いかもと決めたんかな)

26歳 18歳から交際してた、主人と結婚した歳ですね。
   (明治・大正時代かと思えるような亭主関白って感じが好きでしたね)

27歳 私の中の世界観が180度ぐらい変わった歳 息子を出産
   (ここから私のすべてが変わる 最愛が主人から 息子に変わる)

ブログランキング・にほんブログ村へ #60代女性  #シニア女性 #シニアの趣味



色々と かなり 割愛して 
34歳 姑を引き取って、マンションで 4人生活
   (主人の姉2人と7年・遺産相続でもめて、実家を売っぱらわれたから)

35歳 主人の実家を売却したお金を元に、ローンを組んで無謀な新築を建てる
   (娘二人に捨てられた姑がお気の毒に思えたので一緒に暮らすことにした)

38歳 姑の様子がおかしいなと思い始める たぶん認知症の初期

と ほぼ同時に 主人が突然 勝手に会社を退職 

その時の話が…とにかく 良くわからなくて
統合失調症による妄想とか幻覚症状が 
すでに現れていたんじゃないかなと思います。
言ってることが支離滅裂すぎて本当に何もわからない時代です。

病状が落ち着かないまま
(無職2年ほど経て、再就職するも、その後退職という期間もあり)

2023 1 2 京都駅ビルからみた 京都タワー

38歳~48歳 
地獄の二重介護時代でございます。

===================================================
私が大黒柱で、私だけが働いて稼ぎ
二人の介護をするのも…私だけという過酷な時代。
===================================================

【姑は、】
アルツハイマー型認知症と診断され 暴力を振るうタイプの認知症で 
デイサービスを出禁になったりして、その後は在宅介護 等 色々と

【主人は、】
多種の病名を次々につけられて 統合失調症と診断されました。

だけど 本人が薬の副作用に耐えられず、
服薬を拒み続けたので病状はどんどん悪化して
精神科の隔離病棟に入院させること数回。

京都駅ビル ミラー効果が素敵な写真 3

48歳 
主人は統合失調症による記憶障害も併発していたため記憶が曖昧で
役所に行って戸籍抄本などをいっぱい取ったらしく

お前と結婚した記憶が無いのに 
何故、一緒に暮らしてるのかわからないと言われ 

ひとりになりたいから別れてくれと懇願され。

私の最愛の息子に対して(当然あの人の子供なのに)
俺の息子ではない と、あの人が言い切った時点で

私は、あの人に対して 何もかもの全てを諦め
離婚に応じ 一戸建てを処分して、家族は別々に暮らすことになりました。

49歳 学生結婚して子供(孫)が出来た息子夫婦と少し暮らし

50歳 息子夫婦の邪魔をしたくないなと思ったので 一人暮らし開始

(この頃の主人は精神状態が少し安定していたようで)
様子を見に、あの人のマンションに訪問した時
ひとり暮らしは最高だよ、俺は今最高に幸せだよと呟いてました。

統合失調症は、心と脳の病で病名は様々。
脳の病気ということで脳内で繰り広げられる妄想が
現実とごちゃ混ぜになる様は本人以外の全ての人を翻弄させる。

京都伊勢丹 屋上 階段

50歳~60歳 
別に嫌いになって別れたわけじゃないので、
年に1~2回程度は、役所の書類の関連とか色々な手続きなどを手伝い、
病院に行けないから助けてくれと言われたら、付き合ってあげたけど
お前のせいでこうなったと…私はいつも責められていた。

60歳  そして又突然電話が鳴る、「 助けてくれ 」
頻度は少なかったけど、いつもの事なので
大したことはないかなと思いつつ、休みだったので訪問すると
まさに今日明日にでも逝ってしまうのかもと思えるほどひどい状態で即入院
そしてあの人の余命宣言を、私が聞くことになった。

本来なら、息子がその任を務めなくてはならないが、
自分の息子ではないと言いきったあの人に、息子を会わせたくはなかったから 
本人の委任状などの書類をいろいろ用意して、
あの人を…最後まで看取ってあげようと決めました。

私には仕事があるので近くじゃないと介護は不可能と考え
私の住んでるマンションに空き部屋があったので 介護部屋として借り

60歳~63歳 
統合失調症を患った人の、アルコール依存は実に多いそうで、
末期の肝硬変は肝性脳症を引き起こし、

統合失調症+肝性脳症=それは認知症レベルを遥かにを超えていたが
肝性脳症は服薬でその数カ月後落ち着くも統合失調症は悪化してしまい。

壮絶なる2年半の介護。

訪問看護さんと、訪問介護さんの協力がなきゃ
あの人とともに、私の人生も終わってた気がします。

私が63歳になった翌月  
あの人は…誕生日1ヶ月前の64歳で、この世から旅立ちました。

「 離婚してるのに何故 介護を 」

良く聞かれることだけど、 息子のためであり 尚 

私は自分の人生に一片の悔いも残したくないから やりきっただけ

結局のところ 何もかもの全てが 自分の為でもある

それ 特別なことではなく そこらによくある 普通の人生でございます。


いいねアイコン ブログランキング<br>・にほんブログ村へ Category♡ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ  にほんブログ村 シニア日記ブログへ 

私の人生、ホントに色々あったけど、

そのおかげで、今が… 楽しいのかもと最近思います。

励みになるので応援お願いします。

=========================================================
私の経歴ページという事で、1年に1~2度ほど、色々と追加されます。
部分的な修正もあるかもしれません、トップページにリンクを張って参ります。
=========================================================


関連記事

 
いいねアイコン ブログランキング・にほんブログ村へ Category♡ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ  にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログ村注目ハッシュタグ